稲門祭2018

ご挨拶

秦野稲門会会長

   ようこそ、秦野稲門会のホームページへ。会長の北村一生です。  平成29年度総会で安田会長の後任として選出されました。青木壽男初代会長、梶山欣哉第2代会長、そして安田 武第3代会長に続き、第4代会長に就任しました。どうぞよろしくお願い致します。
   秦野稲門会は2005年10月、神奈川県下14番目の稲門会としてスタート、2015年には創立10周年の節目の年を迎えました。これからも歴代会長が進められてきたことを踏襲し、創立以来の『会員相互の親睦』をモットーに、『皆様が気楽に楽しく参加できる稲門会』になればいいなと思っております。
    いくつかの年間行事の他に10の同好会があります。馴染み深い囲碁・ゴルフ・カラオケ同好会のほかにも、他稲門会に例を見ないような同好会もあります。『同好会のご紹介』ページを閲覧して頂ければ幸いです。
 小生も2つの同好会に所属、リタイア後、新たに多くの方々と知り合うことができました。また近隣稲門会との交流も活発に行われ、思わぬ人と出会うこともありました。皆様にも奮ってご参加いただき、また新しい同好会も立ち上げて頂ければと願っています。
 母校早稲田大学は2032年の創立150周年に向け、グローバル化を推し進め、新しい時代に相応しいリーダーの養成に強く取り組んでおられます。
 『自由闊達』『進取の精神』そして『学の独立』、会員の皆様の母校への想いを伝えて行きたいと思います。これからの一層のご協力をお願いします。

秦野稲門会 会長 北村 一生