令和2年10月27日

ウオーキング同好会幹事 新藤雅敏
秦野稲門会幹事長(事務局)山口伸弥

 秦野稲門会の皆様、お元気ですか。
記録的な猛暑も収まり、秋も深まりつつありますが、コロナ禍は未だ終息せず、会合・外出もままならず、鬱屈した思いで過ごされている方も多いのではと存じます。
当ウオーキング同好会でも、当初計画した川越ウオーキングは中止となり、先般(9月)の役員会で改めて検討しましたが、往復5~6時間の電車移動となる川越探訪は難しいとの結論に至りました。
しかし、秦野近郊にもウオーキングの適地は多数あります。今回はその中で電車移動が極めて短い、真鶴半島散策を計画いたしました。
ご家族・友人の方も大歓迎です。運動不足とストレス解消のため、秋の一日、皆でウオーキングを楽しみませんか。

1.実施日時; 令和2年11月15日(日)10時30分

JR東海道線小田原駅改札口集合(15時30分~16時頃秦野帰着予定)

2.コース: 秦野(渋沢)―小田原―真鶴(小田原―真鶴間は12~13分程度)

真鶴駅→(尾根コース) →中川和政美術館前→ケープ真鶴→三ツ石→ケープ真鶴 (昼食) ケープ真鶴→(海岸コース) →貴船神社→採石場跡→しとどの窟跡→真鶴駅

注① 昼食は岬先端のレストラン「ケープ真鶴」でとりたいと思いますが、メニューが少ない(中華が中心、海鮮丼あり)ので、海岸沿いの海鮮料亭(値段は少々高いかも?)などと分散してとるのも良いと思います。

注② 尚、ケープ真鶴には真鶴駅行きのバス停があるので、疲れた方はそれで帰ることもできます。

注③ また、中川一政美術館に寄る方もおられるかもしれません。(ここにもバス停あり)
このため、ケープ真鶴でいったん解散し、お好みの方法で真鶴駅へお帰り下さい。

3.歩程  8~10km(2時間半~3時間)

4.費用  小田原―真鶴 片道240円 食事含め1500~2000円程度

5.注意事項

1)往復の電車内では各自必ずマスクを着用し、会食の場などでも可能な限り3密を避け、手洗い・消毒を励行してください。

2)当日、体調のすぐれない場合・発熱がある場合には、申し込み後でも参加をお控え下さるようお願いいたします。

3)靴は履きなれた歩きやすいものを、秋のこの季節は天候によって、かなり冷え込むこともあるので、服装にはご注意ください。

4)雨具も必要となることもありますが、観光地なのでコース途中にもコンビニがあり、そこで買い求めることもできます。

5)決して無理をしないでください。体調が悪くなったり、疲れて歩きたくないという方は、途中でバスかタクシーで帰られても差し支えありません。

6)小雨決行したいと思いますが、前日の天気予報で降水確率(神奈川県西部)が50%以上の場合は中止します。判断に迷う場合、中止の場合は可能な限り幹事から参加申込者にメールまたは電話でご連絡します。

6.参加申し込み、問い合わせ先
1)秦野稲門会幹事長(事務局) 山口伸弥
2)同 ウオーキング同好会幹事 新藤雅敏
3)申込締切 11月10日(火)

以上

10月4日(日)、いつもの本町公民館音楽室で6名の参加で開催しました。今回は、新会員として横溝稲門会会長の奥様を迎えました。できる範囲のコロナ対策(定員40名の部屋に6名、換気、演奏時以外のマスク着用など)に気を配りながらいろいろな音を楽しみました。

小林 勝利 (キーボード) :

 虹色の心 (Couleur Tendresse)

      <Paul de Senneville 曲, Richard Clayderman 演奏>

       ②  星空のピアニスト

窪田 薫 (二胡) : 

 朝天子 (ちょうてんこ)<京劇の音楽>

       ②  黄玫瑰 (huang mei gui  黄色い薔薇) 

       ③  良宵  (りょうしょう)

横溝 俊江 (オカリナ):  

横溝  彰   (オカリナ):  

① (二重奏)  ふるさと  <岡野貞一 曲>

       ②(二重奏)  北上夜曲   <安藤睦男 曲>

       ③(俊江)  竹田の子守歌  <京都地方民謡>

       ④(彰)   家路       <堀内敬三曲> 

廣越 功久 (ビオラ): 

       ①ちいさい秋みつけた  <中田喜直 曲>  

         ② 白鳥  <サンサーンス>

       ③  エストレリータ <ポンセ 詞曲>

斎藤 弘鳴  (尺八) : 

       ①(尺八独奏曲) 追分幻想   <宮田耕八朗 曲>

          ②古関裕而作曲より3曲

         紺碧の空、船頭可愛いや、長崎の鐘